田中将大が東京2020オリンピックに参加することを目指す

田中将大が東京2020オリンピックへの参加を目指す

32歳のプロ野球のスーパースター、田中将大は、2021年1月にニューヨークヤンキースを離れてパシフィックリーグクラブに出場しました。彼は元チームの東北楽天に戻る予定です。ゴールデンイーグルス。田中は記者会見で日本に向かう途中でインタビューを受けた。彼は東京2020オリンピックに参加したいと明言した。 

彼は「私が参加する機会があったとしても、私が拒否する理由はない」と述べた。これらは、2月の初めにフランス通信社によって報告された彼の言葉です。彼はすでに2月12日に2番目の先発投手として楽天イーグルスのピッチングを開始しました。 

パシフィックリーグで楽天イーグルスと対戦している彼は、イベントへの参加資格があることが確認されています。メジャーイベントはオリンピックと並行して予定されているため、彼がメジャーリーグベースボール(MLB)に滞在していれば、これは不可能でした。 

田中将大、まさひろは誰ですか?

田中将大は2013年にパシフィックリーグ最優秀選手に選ばれました。その後すぐに、チームのピッチングローテーションの主力としてニューヨークヤンキースに向けて出発しました。これは2014年から2020年までの7シーズン続きました。彼は2014年と2019年の両方のシーズンでMLBオールスターゲームに参加するように選ばれました。 

東北楽天ゴールデンイーグルス

田中将大での、マサヒロは始めました 日本野球の キャリア2007年にゴールデンイーグルスでキャリアを。彼は新人シーズン中にチームの春の壱群名簿に割り当てられました。その年の3月29日は福岡ソフトバンクホークスの先発投手としてのプロデビューの始まりでした。 

2017年7月10日、田中はわずか96⅔イニングで、シーズン全体で100回目の三振を記録しました。これは、阪神タイガースの江夏豊の記録と結びついています。 

彼の三振数は年末に196に達した。これは、太平洋リーグと中央リーグの両方で史上2番目に高いスコアです。これにより、2007年のパシフィックリーグルーキーオブザイヤーの称号を獲得しました。1999年の松坂大輔以来、高校を卒業したばかりの初の選手です。

田中は、9月13日に21日で日本プロ野球の新記録を樹立しました。 2013年シーズン連続優勝。 2012年シーズンのチームの最後の4試合を数えると、合計25回の連続勝利になります。 

田中将大の国際キャリア

田中は、3つの国際イベントで日本を代表しました。最初は2008年の北京オリンピックで、翌年にはワールドベースボールクラシックが続きました。彼は2013年にワールドベースボールクラシックに復帰しました。2013年

田中はを通してMLBにスカウトされました。ニューヨークヤンキースを除いて、彼の見通しは次のとおりでした。

  • ロサンゼルスドジャース
  • シカゴカブス
  • シカゴホワイトソックス
  • アリゾナダイヤモンドバックス
  • ヒューストンアストロス

タナカは7に署名しました-ヤンキースとの年間契約で、彼はチームのローテーションピッチャーのレギュラーになりました。 2021年に7年間が終了したとき、彼はすぐに更新の計画なしで去りました。彼はで彼のキャリアを家で続けたいと思ってい 日本の野球ます。